log.fstn

技術よりなことをざっくばらんにアウトプットします。

Let's Split Rebuild Log

この記事は キーボード #1 Advent Calendar 2019 の 24 日目の記事です。

adventar.org

はじめに

2年前に Let's Split を組み立てて Build Log を書きました。

fstn.hateblo.jp

その当時ははじめの自作キーボードで、中国などからパーツを取り寄せて1ヶ月ほどかけて組み立てたのでよく覚えています。 最初は「こんなのでキーボードとして動くのだろうか?」と半信半疑だったため、いざ組み立て動いたときは感動しました。

さてあれから2年たって国内の自作キーボード事情は大きく変化しました。 いまやネット販売で国内からキーボードキットやキースイッチ、キーキャップなどがすぐ買えるし、秋葉原まで出れば専門の実店舗もあります。 なんの不安もなくパーツが購入でき、Buildログもネットを漁ればたくさん出てきます。

筆者自身もCorne Keyboardシリーズをキット化し販売を続けて来ました。 キーボードキットをたくさん組み立てて来ましたが、Let's Split を組み立てた当時の感動は薄れて組み立てることがただの作業に感じることも珍しくありません(実際プロトタイプなどを組み立てるのは作業ではありますが…)。

ここで当時の感動を思い出すために Let's Split をもう一度組み立ててみようと思い立ったわけです。 と、ただ組み立てるだけでは面白くないので今回はテンションを上げるためにオリジナルの箱を作ってみました。

箱

この記事ではその組立過程と改めて感じたことを書きます。

Build Let's Split

プラモデルを買うとテンションが上がりますが、これの要因の一つに「カッコいい箱」があると思っています。 実際に買ってきて箱を手に入れることで所有欲が収まるのでそのまま積んでしまいます。ただその積まれた様子も様になっていてそれも満足感が高いんです。 あの箱の中に未組立のパーツがぎっしり入っている、そう思うとたまらないわけです。

さて、キーボードの場合はどうかというと、これは満足感が非常に高いです。 正直もう組み立てないでこのまま積んでおこうかと思いました。それぐらいいいものに感じました。

ただこのままだと企画が進まないので組み立てていきます。

ダイオードはSMDタイプのものが大量に余っていたためリードタイプではなくこちらを使用しました。 最近の国内のキットを見てみるとダイオードの向きがすべて揃っていて、配置にも気を遣っていてつけやすくなっていると思います。 Let's Split を組み立てて思い出しましたが、これ向きがバラバラなんですよね。SMDタイプなので一つ一つ付けていくわけですが、目を離すとどこまで付けたか見失うことがあり結構ストレスでした。

TRRSジャックは国内でよくみる MJ-4PP-9 ではなくて、SJ-43514 を使います。 筆者はこのジャックがとても好きなんですが、残念ながら入手性が悪くて流行りませんでした。

ところでこの半田ジャンパってちょっと工夫すればなくせるような(リバーシブル対応で多く穴をあけるか半田ジャンパさせるかの選択が必要ですが)。

Let's Split は左右対称なので同じ面で実装しても使えます。ただし TRRS ケーブルを刺したときに不格好になってしまうので普段使いするときはちゃんと左右で実装した方がいいと思います。 このあたりは Zinc がうまくカバーしていて、PCBが非リバーシブルながら、TRRSジャックの位置を真ん中にすることでこの問題を解決しています。

リセットスイッチはいつものタクトスイッチを付けました。ただ想定としてはここには横向きのタクトスイッチが付けられるで持ってればその方が良かったです。

一番最初に Let's Split を組み立てたときはアクリルカットしてくれる業者も限られていました。Fabカフェなどでカットできれば一番安く済むのですが、別の方のビルドガイドでは Ponoko を使っていたので、それに従って Ponoko で発注しました。 Let's Split 2台分で4~5000円ぐらいして、当時は「高いなー」と思っていて余ったやつをずっと残していました。 今思うとこのアクリルカットの発注が Let's Split のパーツを揃える中で一番難易度が高かったです。ちなみにカットのデータも公開されているものをそのまま使ったのでアルプススイッチに対応していたりします。

スイッチは Gateron Ink Red を使用しました。黒いPCBに赤いスイッチは映えますね。

これで完成です。 キーキャップは Rama works の GRID SET A の 032U です。 途中スペーサーの長さや位置が合わなかったりしてちょっとPCBを加工したりしていたので意外と時間がかかりました。

Let's Split を改めて組み立ててみて

率直な感想ですが、組み立てづらく非常に満足感が低いです。 気になる点を列挙すると

  • ダイオードの向きが不揃い
  • ProMicroをキーの下に仕込むため無駄に高さがある
  • アクリルのサンドイッチケースで耐久性が低い
  • リバーシブルのPCBのため不要な穴が多い

ちなみにこのPCBはオリジナルのものを改良したものですが、もとのバージョンは

  • リセットスイッチが実装できない
  • キースイッチの位置がずれてる
  • TRRSジャックの半田ジャンパが複雑
  • 版権的にアウトな泥棒の絵が書いてある

などの問題があったりします。 版権の問題以外はそこまで気にならないレベルではありますが…

これから

Let's Split の組み立ては箱を作って詰めたところがピークだったという残念な結果に終わってしまいました。 ということで下記のようなものを進めています。

順当に進めば次の技術書典で「自作キーボード設計入門3」が出ます。 内容の詳細の公開はまだ控えますが、Let's Splitを題材にしてPCBの設計方法からケース設計までを載せる予定です。 既刊の内容と被る部分もありますが、基本的にはそれらを事前に読んで置くと理解が深まるような内容にするつもり(難易度をちょっと上げるつもり)なので宜しくおねがいします。

技術書典6にて[新刊]自作キーボード設計入門2の配布、[既刊]自作キーボード設計入門 累計発行部数1000部 突破記念セール実施のお知らせ

技術書典6が以下の日程で開催されます。

techbookfest.org

今回も前回に引き続き参加するので頒布する内容をご紹介します。

techbookfest.org

[新刊] 自作キーボード設計入門2

f:id:foostan:20190405103537j:plain

前書「自作キーボード設計入門」はおかげさまで好評を頂いており、それをきっかけにキーボードの設計を始めたという声を聞くことができ、大変嬉しく思っています。 一方で、設計に関する情報を広く浅く書いたため、簡単な説明で終わらせてしまった部分が多くあったと反省しています。

そこで

  • 基本的な回路設計
  • 設計した回路に対応した QMK Firmwareの整備

これらにフォーカスし、前書よりも深掘りした内容を本書でまとめました。

なお現在販売またはデータが公開されているキーボードの設計にはいくつかパターンがあります。 そのうち本書では以下のものを取り上げます。

  • 1 key キーボード
  • n key キーボード
  • フルカラーシリアルLEDテープ対応
  • OLED モジュール対応
  • キーマトリクス
  • 分離型キーボード(シリアル通信)
  • 分離型キーボード(I2C通信)

また、既存の公開されている

  • Fourier
  • Helix
  • ErgoDone

についても取り上げます。

これらについて回路を読み、ブレッドボード上で再現し、さらに QMK Firmwareを整備することで、オリジナリティの高いキーボードが設計できるようになることを本書の目標としています。

内容を一部ご紹介

f:id:foostan:20190405230807p:plain

f:id:foostan:20190405230827p:plain

f:id:foostan:20190405230841p:plain

f:id:foostan:20190405230952p:plain

f:id:foostan:20190405232029p:plain

f:id:foostan:20190405231016p:plain

f:id:foostan:20190405103609j:plain

[既刊] 自作キーボード設計入門 累計発行部数1000部 突破記念セール

f:id:foostan:20181001025845j:plain

前書「自作キーボード設計入門」の発行部数が物理版と電子版が合わせて1000部を突破しました。 ご購入された方ありがとうございます!

これを記念して技術書典6およびBOOTHにて以下の記念セールを開催します。

技術書典6

  • [新刊] 自作キーボード設計入門2 物理版+電子版 1000円
  • [既刊] 自作キーボード設計入門 物理版+電子版 1000円

BOOTH

  • [新刊] 自作キーボード設計入門2 物理版 800円
  • [新刊] 自作キーボード設計入門2 電子版 800円
  • [既刊] 自作キーボード設計入門 物理版 800円
  • [既刊] 自作キーボード設計入門 電子版 800円

この機会により多くの方にキーボードの設計に挑戦していただければと思います。 なおBOOTHでの記念セールの開催は技術書典6の当日4/14から開催予定です(新刊の物理本はBOOTHの倉庫入庫が完了され次第の販売となります)。 またこのセール期間は2ヶ月ほどを予定しています。